【Python】PyCharmを日本語化! ~Windows版~

どうもこんにちは、Megです。

Meg

機械学習を専門に勉強している、理系男子大学生です。

大学の学部では生命工学を学び、男子の中で成績1位を取るほどの勉強好き。

主に生機械学習と生活改善を中心に、日々の学びで得た知識やヒントをブログで共有していきます!

Megをフォローする

今回PyCharmを日本語化する方法を解説していきます。簡単なのでぜひ参考にしてください。

PyCharmを日本語化使用と思ったきっかけ

Pythonの勉強の時に使っているPyCharm。凄く優秀なツールで重宝しています!しかし、PyCharmを開いたときにTips、つまり使い方のヒントが出てくるのですが、これがいかんせん英語表記で自分は呼び飛ばしてしまう…。

これは大きな機会損失をしていると感じたので、PyCharmを日本語表記にすることにしました!(英語の勉強しなくては…)

 

 

PyCharmの日本語化の手順

Mergedoc Projectのサイトからプラグインをダウンロードする

Mergedoc Projectというサイトにアクセスし、プラグインをダウンロードします。

統合開発環境 Eclipse 日本語化プロジェクト - Pleiades

 

下にスクロールすると、Pleoadesプラグイン・ダウンロードという画面が出てきます。

 

Windowsの人は一番左をクリックして、プラグインをダウンロードしましょう。(MacやLinuxの人はそれぞれのOSのものをダウンロードしましょう)

 

 

ダウンロードしたファイルを解凍する

少し待ったら、「pleiades-win.zip」というフォルダーがダウンロードできたと思います。

 

 

これを上部中央にある「すべて展開」を押して解凍しましょう。

 

 

この画面になれば解凍終了です。

 

 

setupからPyCharmを日本語化する

次にpleiades-win.zipのフォルダ最下部にある「setup.exe」を開きます。

 

 

以下の画面が開くので、「選択」を押してPyCharmが保存されている所を参照しましょう。

 

 

 

・PyCharmの保存場所が不明な場合

「PyCharmの保存場所がわからねえぞ…!!」というそこのあなた。ご安心ください。順を追って説明していきます。

 

Windowsの人は画面下部に検索バーがあります。

 

 

そこに「PyCharm」と検索すると、PyCharmのアプリが表示されます。

 

 

「ファイルの場所を開く」をクリックすると、PyCharmを保存した場所が開きます。

 

 

そしたら、階層構造になっている所の空白部分をクリックすると、保存場所のパスが現れるので、それをコピーし、ファイルを開くところにペーストすればOKです!

 

 

PyCharmの保存場所が参照できたら、後は「日本語化する」のボタンをクリックします。

 

 

この画面が出れば、PyCharmの日本語化は完了です!!

 

 

PyCharmの日本語化の確認

上記の作業でPyCharmの日本語化は完了するのですが、一応PyCharmを起動して日本語化されているか確認しましょう。

自分もPycharmを起動して確認してみると…

 

 

おお、確かに日本語化されています!

 

 

ほら!!上部のタブをみるとわかりやすいですね。

 

 

以上で【PyCharmを日本語化】についての解説記事は終了です。

何かわからないことがあれば気軽にお問い合わせください。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました